〜 今を楽しんじゃぉ♪ 〜

アメリカでビックリしたこと TOP 15!! ④ (6位〜4位)v(。・ω・。)ィェィ♪

 
この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

 

 

こんにちは!! ゆみきちです。

 

 

遊びに来てくださって嬉しいですラブラブ

ありがとうございます!!

 

 

 

第 ①〜③ 回に引き続き、

今までの生活を振り返って、

ビーックリびっくりビックリマーク衝撃的ハッ

だったことをご紹介しています。

 今日は、第6位 からで〜す!!グッ爆  笑

だんだん上位になってまいりました〜アップ

 

 

 

 

6位:クレジットヒストリーが

全ての評価。まじ重要。

アメリカ アメリカ では、
現金への信用って、ほぼないんです。
 
アメリカは見事に!!
 
クレジットカード社会です。
 
ATMでも現金は、20ドル札しか
出てこなかったり。
50ドルとか100ドル札を
使うと嫌がられます。笑
 
 
 
アルバイトの学生なんかは
初めて見るみたいな えー?
リアクションを取ることもあります。爆  笑
個人の小さなお店では
受け取って貰えないこともあるくらいです。
金額が大きい場合や個々との間では、
小切手や、ここ数年ではPayPalで
やりとりすることが多いです。
 
というわけで!!
 
クレジットカードを
持っていないと生活ができません。
 
 
 
 
そして、クレジットカードを
持つためには必要になってくるのが、
クレジットヒストリーキラキラです。
 

日本人の私たちも外国人も最初、

アメリカでのクレジットヒストリー

ないため 滝汗あせる

クレジットカードを作ることができなくて

大変な思いをすることが多いです。

 

これ深刻です。

 

大きな買い物をするとき、

例えばアメリカでは絶対に必要な車とか、

夢のマイホームなんかも

いざ買おうと思ったら、

現金お金で買わないといけないということです。

 

ムリ〜〜〜っっっ!!

 

クレジットヒストリーがないと、

ローンも組めないので。

その場合は、

日本のクレジットカードヒストリーを

参照してドル建ての

クレジットカードを作れる

下矢印

ANA USA Credit Card

JAL USA Credit Card

 PREMIO – ドル建てクレジットカード 

を利用するか、

現地の銀行が発行する

クレジットカードみたいな

カードを作って、

ヒストリーを構築するしかないんですが、

時間がかかるので、必要なモノを

その瞬間に買えないんです。チーンダウン

 

 

3つぐらい作って、毎月支払いできる金額を

使って、支払いをきちんと

済ませているということを

繰り返すことで、信頼度が高まり、スコアを

上げることができます。

アメリカの学生も

この方法で、早いうちから

クレジットヒストリーを構築します。

 

 

 

確かな証拠となる

「お金」に関しての管理

ちゃんとできていて、
どれくらいのお金を使える

収入があって、社会的位置なども、

全部丸見えなので、「自分」というものを

赤の他人に評価してもらい、

信頼してもらう情報になる

ということですね。

滞りがなければ、ヒストリーが構築され、

いろんなクレジットカード会社からDMが

送られてくるので、そこから特典や
キャッシュバックがお得なカードを選ぶのが

いいと思いますが、必ずしも審査に

通るわけではないので、しばらく

クレジットヒストリーのスコアを

上げるアップことに専念するのも、

ひとつの方法です。

 

 

そういうわけで、現金はまず

使うことはないんですね。

 

アメリカ アメリカ で

クレジットカードを作るには、

 

①アメリカでの住所があること

 

②ソーシャルセキュリティー番号(SSN)

を取得済みであること

 

③銀行口座が開設済みであること

 

④預け金(ディポジット)が銀行に

入金済みであること

 

 

が前提です。

 

 

 

 

 

 

5位:一生のうちに

引っ越しを何回もして、

マイホームを何回も購入する。

 

 

アメリカ人は

よく引っ越し トラック をします。 

 

 

アメリカ人も

引っ越しは好きではないみたいですが、

引っ越しを日本人のように

嫌がらない傾向があるように思います。 

これは農耕民族狩猟民族

違いなのかな〜と、思っています。 

大体のアメリカ人は大西洋を

ヨーロッパから渡って船

引っ越ししてきた人たちの子孫ですもんね。

 

 

 

 

 

 

子供が小さい頃は、

学区で住む場所を決め、

子供たちも部屋をシェアしたりで、

小さめの家に、まずは住む。

 

子供が大きくなるにつれ、

自分の部屋を欲しがったりで、

大きめの家に住む。

 

そして、18歳になる高校3年生で

子供が自立し、

家を出て大学や次のステップに

進むので、子供部屋などが必要なくなり、

ダウンサイジングする。

 

仕事もリストラも多いアメリカ アメリカ

別の州で就職が決まって引っ越す。

 

芝刈りや雪かきなどを

やってくれるタウンホームなどに

歳をとると共に移って、作業を減らし、

長期の旅行なども楽しめるように、

身軽にしていく、などなどの、

そんな流れ、傾向があるように思います。

 

 

家も良い学区などに住んでいると、

価値が上がるので、

中古の家でも売り手市場で利益も

出すことができるんですよね。

 

 

 

アメリカ アメリカ では週末になると

ガレージセールやヤードセール

する人が多いです。

不用品を処分して利益を得ることができるし、

他の誰かに使ってもらえる

ということでリサイクルリサイクルにもなり、

とても合理的で、楽しくて、

良い方法だと思います。

また、リサイクルショップリサイクル
(ゆみきちも皿友もラブラブ愛するGビックリマーク笑)に

持っていくという方法もあります。

大型の家具などは家まで家 トラックDASH!

取りに来てくれたりもするので、

本当に素晴らしいシステムキラキラです。

 

 

何でも引き取ってくれるわけではないので、

最初に確認した方がいいです。

寄付を受け付けている団体が沢山あるので、

そこに電話携帯をかけて予約すれば

家まで取りに来てくれます。

 

 

 

 

 

 

4位:アメリカの

子供用ランチがおかしい。

 

 

アメリカで肥満問題はホント深刻です。

子ども(kidsとteens)の約62%は肥満か、

その傾向があるとみられています。

その中の約31%は太り過ぎらしいです。

外出すると、必ず1日に1回は

信じられないくらいのふくよかな人に

会います。(←自分のこと棚に上げますがあせる

でも、ほんと

日本人はみんな太っていると

口を揃えて言いますし、2〜3キロ

痩せたいって思ってますけど、

そんなレベルではありません。

 

 

太っていることが悪いというわけじゃなくて、

やっぱり健康的ではないですもんね。

もちろん、持病などで

どうすることもできない人も

知っていますから、

一概には言えないのですが。。。

 

 

 

そんな中で生活をしていると、

炭酸飲料ジュース、アイスクリーム31[ベルジャンチョコレートチャンク]31[コットンキャンディー]31[ポッピングシャワー]

油で揚げたものぽてと大好き

アメリカンアメリカなメニューを大好きに

なる流れに乗らないようにビックリマーク笑

気をつけなくちゃと、だんだん感じ始めます。

 

 

自分への基準も、ものすごーーーく

甘くなるので、日本に帰ると

どんだけ太ってしまってたんだぁ〜がーん

とビビります。滝汗あせる

 

 

 

なので、せめて子供や家族だけでも!!笑

栄養バランスを考えた食事を

意識させることが

とても必要だと感じる様になりました。

 

 

公立の学校での給食が本気で

下矢印毎日こんなんです。滝汗あせる

 

 

 

 

 

 

 

これじゃぁ栄養偏っちゃうわよね〜がーん

と言って、買って持たせるランチも

下矢印こんなんです。

 

 

 

 

 

手作りのランチも平均的には

下矢印こんな感じです。

ピーナッツバター&ジェリーサンドイッチ

とチップスポテチ

で、フルーツりんごと野菜スティックにんじん

入ってればいい方かなみたいな。

このサンドイッチサンドイッチ

意外と美味しいんですけどね。爆  笑OK

 

 

 

 

 

オレオチョコチップクッキーの天ぷらなんかも、

スペシャルメニュークッキーモンスターで出るらしいです。ゲッソリあせる

 

 

現場からは、以上で〜すウインク

 

 

 

 


この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© しゃべってなんぼの英会話  , 2018 All Rights Reserved.