〜 今を楽しんじゃぉ♪ 〜

「JPL(NASA)ツアー」に Let’s GO〜!! ②

 
この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

 

 

 

こんにちは!! ゆみきちです。

 

遊びに来てくださって嬉しいですおねがいラブラブ

ありがとうございます!!

 

前回のキラキラ

JPL(NASA)ツアー

は楽しんで頂けましたか??

 

今日もまた写真を中心にJPL(NASAロケット)

の中で、研究者、エンジニアの方達がどんな

お仕事をしているのか、見せてもらいに

行きましょう〜グッ爆  笑ルンルン

 

 

さっそくこちらは下矢印

土星ミッションのカッシーニの1/2サイズ模型

 

これは下矢印アポロが月から持って帰ってきた石ポーンあせる

 

これは下矢印アポロの打ち上げ前に

人間が実際に行っても大丈夫なのか

月面探査をするSurveyorというミッションで

使った月面の土壌をすくって持って帰る機械のパーツキラキラ

だそうです。

 

 

これは下矢印1990年代の終わりから2000年代の始めまで
木星を周回していた、ガリレオという衛星流れ星

 

下矢印この時には、まだテープレコーダを搭載
していたそう!!

 

 

 

これは下矢印Deep Space Network

 

とにかく、こんな感じで盛り沢山キラキラ

興奮しっぱなしの数時間でした。爆  笑

高校生になる息子も、自分が実際の

ところ面白くないな〜えー?と思うことの

多い学校の勉強鉛筆が、特に理系ロボットの内容が、

こういう憧れの仕事に繋がったり、

 

「なにげな〜く今、やっている勉強内容を、

もっともっと掘り下げていって

興味のあることと繋がって、

社会の役に立ったり自分自身が

ワクワクするような仕事に就く日が

くるわけか〜 うーんひらめき電球

 

…という考えに繋がっていきそうな!?

 

 

生きた学習をさせて頂いたようで、

ものすごーく貴重でありがたい経験でした。爆  笑ラブラブ

 

 

 

いよいよ実際のラボの現場に立ち入らせて

もらえるみたいですよ〜 音譜びっくりアップキラキラ

つづきは、また明日〜

 

お楽しみにっ!!

 

 

 

今日も、ゆみきちブログに遊びに来てくださって、
本当にありがとうございましたーっ ドキドキラブドキドキ

 

今日も、宇宙のように大きく広がっていくような

嬉しいことがありますよぅ〜に流れ星

 

Have a great day〜 爆笑ラブラブ

 
 

この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© しゃべってなんぼの英会話  , 2018 All Rights Reserved.