〜 今を楽しんじゃぉ♪ 〜

社会の窓が開いてるよ〜(`∀´)ニヤニヤ って何て言ぅ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

こんにちは!! ゆみきちです。

 

遊びに来てくださって嬉しいですラブラブ

ありがとうございます!!

 

 

 

実は今、わが家に短期交換留学生が

スペインスペインから来ていて、1ヶ月間

ホームスティのホストファミリーを

しているんです。

 

 

そんなわけで、

週末に4人のteenageボーイズたちを連れて、

(二人はアメリカ人(息子は日本人だけど)、

二人はスペイン人です。)

遊びに行って来たんですけど、

その時にボーイズの一人の

 

『社会の窓』ドア

 

が開いていて(笑)

 

 

こんにちは〜爆  笑

 

 

どうやって注意するのかな〜って

観察目ビックリマークしていたら、

 

こんな面白いゲラゲラ​​​​​​​

 

ちょっと、ゆみきちでは

考え付かないフレーズキラキラ​​​​​​​

だったので、ご紹介したいと思います。

 

 

 

〜本日のフレーズ〜

 

注意してる人: Are you scared of heights?ウシシ

社会の窓が開いてる人: No I’m not.イヒ

注意してる人: Oh really!?ウシシ  But your zipper is!!ゲラゲラ

社会の窓が開いてる人: Oh no !!おーっ!

 

 

わかりました??(笑)

 

 

注意してる人: 高所恐怖症なの?ウシシ

社会の窓が開いてる人: ちがうけど。イヒ

注意してる人: ほんと!?ウシシ 君のチャックはそうだけど!!ゲラゲラ

社会の窓が開いてる人: ぎゃぁ〜!!おーっ!

 

 

 

チャックが上(高所)に行くのを

(閉まってる状態になるのを)

怖がってるよ。

というウィットに富んだ会話でした。グッ笑い泣き

 

「scared of heights」 

とか、

「afraid of heights」

というのは、

「高い場所が怖い」

という意味で、

すごくよく使われます。

 

「高所恐怖症=acrophobia 」

という単語もありますが、

 

こちらより、

I’m afraid of heights. 

(高いところ苦手なんだ〜)

という表現の方がよく使われています。

 

 

「閉所恐怖症=Claustrophobia」

こちらは、

逆にこのちょっと難しい単語で

I’m claustophobic.

(閉所恐怖症なんだ〜)

と使われます。

 

 

 

Are you acrophobic?​​​​​​​

(高所恐怖症なの?​​​​​​​)

 

 

People with acrophobia

feel a sense of panic

when they are at certain height.

(高所恐怖症の人たちはある程度の高さのある所に

行くと、パニックになります。)

 

 

などのように、

「形容詞」「名詞」で会話の中で

変化することに意識を向けましょう。

 

 

 

是非

「社会の窓」

開いてる人見つけて使ってみてねグッ​​​​​​​爆  笑

 

 

 

 


この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© しゃべってなんぼの英会話  , 2018 All Rights Reserved.