〜 今を楽しんじゃぉ♪ 〜

AP Japanese ②: 「AP Japanese」テストについて

2018/03/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

こんにちは!! ゆみきちです。

 

遊びに来てくださって嬉しいですラブラブ
ありがとうございます!!

 

前回のブログ、

 

AP Japanese ①: 「AP」テストについて

 

でお話しした、「AP」は通常、
高校3年生/11年生<Junior>
(日本では高2/アメリカの高校は
4年制なので)で授業を1年間受講後、
年度末の5月にテスト本を受けて
五段階評価を出されるという流れ
なんですが、
高校の2年生/10年生<Sophmore>
(日本では高1)から取れるクラスが
1コあるようで、高校2年目からでも
複数クラス受講するというのは、
まずないみたいです。かお

11年生で2クラス、
12年生で3〜4クラス、
(これでも多いと思われているようです。)
まずは小手調べに、
どのくらい内容が濃くて、
勉強も応用という深い部分まで
掘り下げていく大学レベルの内容に
慣れていくという、良い練習に
なるクラスを先に1コ、
取らせてくれるみたいですが、
やはり簡単ではないようです得意げあせる
また、自分で取りたいと
思っていても、先生が
推薦してくれないと
取れないみたいです。

 

そして、GPA(Grade Point Average)
/成績平均点は、
<通例 A=4,B=3,C=2,D=1,F=0 >
と評価された、各クラスの
成績とクラス数で割って計算
されますが、APクラスは、
<A=5,B=4,C=3,D=2,F=1 >

と評価されるので、良い成績を取れれば
平均成績が以上」

上げられるというシステムです。

 

ただ、無理してAPクラスを取って
内容も難しいので、良い成績を取れなければ
逆に平均成績を下げてしまうという
リスクもあるわけです。

 

そんなことが
わかってきたので、
ここでしっかりと見ていく
必要があると思ったのは、
APクラスを取るには、

 

「知的レベルが大学生並みまで
成長している必要もある」

 

という点ですひらめき電球

子供は子供らしく、
遊んだり、ふざけたり、
好かれたり、嫌われたり、
小さいことで悩んだり、
プライドを傷つけられたり、
意味のないことをするのが
楽しくて楽しくて仕方なかったり、
恋したり…

 

という体の大きさは大人並みですが、

まだまだ精神的には未熟であり、
未熟なゆえに学び、やるべき事、
楽しめる事、そしてこの年代にしか
できないことが沢山あります。
そして、その年代で使う
ボキャブラリーだったり、
フレーズ、表現方法、思考回路
などもあります。

 

それは段階を経て、深く学ぶ大切さに
意識を向けさせ、応用力を養いながら
学んでいけばいいことなのでは
ないかという点です。

 

 

 

例えば簡単に「AP Japanese」
説明すると、

過去問の文中 本 に出てくる
ボキャブラリーで、


「家計簿」

「光熱費」

「貯蓄」

「銀座」


という単語がありました。

このような単語を中高生が
知っていた方がいいのかはてなマークはてなマークはてなマーク
という点です。

 

知っていて損をすることは
もちろん、ないでしょうが、
高校生の高学年に入ってからでも、
大学に入ってからでもいいのでは
ないかと私は思います。
なので、
おわかり目頂けたと思うのですが、
早くに受けさせればいい
ということでもないわけなんですね。

 

なので、息子の場合中学二年生
(8年生/高校入学前)で
APテストを受けたいと学校に
話した時には驚くほど
反対を最初にされたことも、
頷けます かお

 

まず高校一年生
(日本では中学三年生)になる
段階で、学校説明会で、
そのようなAPやHonors クラス
の説明、そんな最近の学生たちが
強いストレスの中で

 親からのプレッシャーと将来の不安

で押しつぶされて、高校に入って
全てが嫌になってしまう子も
少なくないという説明がされた
直後だったこともあり、
中学二年生でAPのテストを
受けたいと希望したら、

「話し聞いてたはてなマークむっあせる

状態になってしまったようですガーン汗

 

大声で言いたいのは!!
私はヘリコプターペアレンツ
(helicopter parent)でも、
サッカーマム(soccer mom)でも
ありませんっ!!
(少なくとも、そうではないと
思いたい…。)

 

 

ヘリコプターUFOペアレンツ(ママ)というのは、
上から旋回して子供を常に
見張っているという親のことです。
そして、サッカーフラッグマム(ママ)と
いうのは、いわゆる教育ママです。
サッカーのチームスポーツとしての
高い協調性が注目されていて、
社会に出てからの人間関係に
大切な協調性を養わせることを
目的に教育熱心な母親が子供に
サッカーを習わせることがアメリカで
流行り始めたことから、こう呼ばれる
ようになったみたいです。
モンスターペアレンツ叫びという
言葉よりよく使われています。

 

だって、私たぶん息子が4年生
ぐらいから、アメリカの現地校の宿題、
そして学校で何をやってるか一度も
見た事がないんですべーっだ!DASH!
全然、堂々と言うべきことでも
ないんですが…ガーン
というか、見てもわからないから(泣)
その辺も、またオイオイお話し
していきたいと思っています。

 

少し話しが逸れましたが…

じゃぁなぜ私たちが

「AP Japanese」

をこのタイミングで受けておこうと
考えたかというと。。。
息子は、日本語補習校に
小学六年生まで通って、
やめてしまったので、
日本人家庭ということで、
話すこと、聞くことに問題は
それほど感じないまでも、
読み 本 書き メモ
特に漢字を読んで書くということが、
どんどん大変になってきて、
忘れる一方だということに
危機感 汗叫び汗 を感じていた
時だったんですね。
あんなに家族みんなで
頑張ってきた「六年間」
車でハイウェイ100キロで
飛ばして、「往復2時間」
毎週末、土日の連休を1日減らして、
丸1日を充てて通ってきた
日本語補習校で勉強してきたことが、
どんどん忘れ去られていくと…


「もったいなさすぎる!!

漢字練習ほーんと頑張ってたもんなぁ〜 シミジミキョロキョロ

 

 

それで、息子とも話し合って、

高校に入って他の勉強も
難しくなってくると聞いているし、
英語で過ごす生活への比重が
圧倒的に大きくなってくるし、
大学進学のこと、スポーツ(遊びも)
との両立と、いろんなハードルが
上がってくる中で、とりあえず
「日本語」という自分の中にある、

 

「自慢できること」

「他にあまりできる人がいないこと」

「頑張ってきたこと」

「長年続けてきたこと」

「自分のアイデンティティ」

「生まれながらに持っている利点」

 

を、ちゃんと「忘れないうちに!!

 

「評価される形キラキラ

 

にしておこうと思ったわけなんですね。

なので学校のカレッジアドバイザー
にも、最初反対され、
ビックリしたのもつかの間、
家に持ち帰って
ゆっくり自分なりに説得する英文を
考えました。ショック!DASH!

以下がその内容です。

 

 

<翻訳文>

ステファニー(先生)へ

先日は8年生(中学二年生)が
APテストを受ける件について、
校長先生、またAPコーディネーターと
話し合いを持って頂いて
ありがとうございました。

私たちも家族として息子と一緒に、
なぜこの件がよく考えるべき内容
なのかという全体像を理解し、
話し合いました。いろいろな、
わかりやすいアドバイスを頂けた
ことに感謝しています。

いくつかの大学では学習内容が年々、
更新されていく現状がある中で、
何年か前に受けたAPの内容と異なる
場合がある時には、APの結果を
単位取得として互換/換算しない場合
があるということも理解しました。
しかし、言語学習においては
少し違うのではないかと願います、
が! もし息子が進学を希望している
大学でAP日本語が単位取得として
互換されないとわかった場合は
仕方のないことですし、もしされれば
運が良かったと考えたい思います。

また、コロラド大学の日本語の
⚪⚪先生にも相談させて頂いたところ、
コロラド大学のAPディレクターにも
問い合わせてくださり、わかったのは、
息子のようなケースは、家庭で英語以外を
使って育っていて二ヶ国語以上を
使って生活している子供の場合、
APはSATのように有効期限が5年と
いうことなどがないので、稀という
ことでもないようです。
(SATは有効期限が5年で合ってますか?)

そしてこのようなリンクも送ってくれました、

AP Credit Search右矢印

このリンクに従って調べてみたら、
コロラド大学、UCLA、
スタンフォード大学など…
ランダムに調べてみたところ、
コロラド大学ではAP3以上、
UCLAもAP3以上、
そして、スタンフォードはAP5のみ
互換する、ということでした。
なので、息子の準備ができていれば
受ける価値があると判断しました。
そして、もしハイスコアを
取れなかった場合、もっと勉強する
必要があると本人が理解するだけです。

息子は大学生レベルの日本語力に
自分自身がどれくらい近いのか
試してみたいと言っています。
アメリカで住んでいる以上、
新しい語彙を増やし、多くの日本人と
触れる機会も少ない中で、ネイティブに
近い日本語力を保持したいと思って
頑張って勉強している息子を
私たちも誇りに思っています。

中学二年生がAPを受験することが
稀であることは、よく理解している
つもりです。しかし、この稀な経験が
学校側としても新しい経験として
「特例」になり、同じような状況になった
別の生徒さんにも、お役に立てる
ことになるのではないでしょうか。

受講費用は140ドルで合って
いましたか?

息子のために、担当の先生、学校が
準備をしてくださることに
心から感謝しています。

よろしくお願い致します。

 

以上

このメールを送った後、息子の学校で、

「受けさせない方が良いのではないか」

と判断されていましたが、
どぅなったか…..

続きはこちらから!!

トライリンガル子育て 〜「AP Japanese」テストについて ②

 

 

今日もブログに遊びに来てくださって、

本当にありがとうございましたっ!!


この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© しゃべってなんぼの英会話  , 2017 All Rights Reserved.