〜 今を楽しんじゃぉ♪ 〜

AP Japanese ①: 「AP」テストって何?

2018/03/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

こんにちは!! ゆみきちです。

 

遊びに来てくださって嬉しいですラブラブ
ありがとうございます!!

 

なぜ私が、AP Japaneseを
かなり早い時期に、息子に受験
させることに決めて、その過程と結果から

子育ての紐解きを
したくなったかといいますと、

 

 

 

昨年2016年の5月、
ちょうど1年前になりますが、
息子が、そのAP Japaneseで
最高スコアキラキラの「5」を
獲得したんです。

 

 

 

本当に嬉しくてしょぼん音譜今まで


「バイリンガル」

 

として日本語と英語の勉強を、
本当に苦労しながらもショック!
大喧嘩しながらもガーン
がんばって両立してきたこと
全てに「合格点合格
もらえたような気持ちに
親子揃って初めてなれた
瞬間だったんです星星星

まず、「AP」とはなんぞやはてなマーク

というところから説明しますと、
APは「Advanced Placement」の略で、
大学理事会(College Board)が、
アメリカ、カナダ、
また国際教育研究所などで
勉強する高校生向けに作った、
大学の単位が取得できるテストで、
高校の間にAPクラスを受講して、
学年度末の5月にAPテストを受け、
5段階評価で結果が出され、
「3」以上の結果で、
大学の単位に換算/互換が可能となります。

 

5 = extremely well qualified
(大学選択科目への換算/互換が大変高い評価で認められる)

4 = well qualified
(大学選択科目への換算/互換が良い評価で認められる)

3 = qualified
(大学選択科目への換算/互換が認められる)

2 = possibly qualified
(大学選択科目への換算/互換が認められる可能性がある)

1 = no recommendation
(大学選択科目への換算/互換が認められない)

 

 

こちらのひらめき電球ダウンリンクから、
各大学がそれぞれのAPテストの
スコアをどう換算/互換して
くれるかがわかります。

Find a college’s credit policy

 

 

そして、「AP Japanese」とは…

日本語での
コミュニケーション能力を、

 

Interpersonal (一対一の会話)
Interpretive (聴解と読解)
Presentational (口頭発表と作文)

 

という3つの側面から捉え、
それぞれの能力を図り、
レベルを認定し5段階評価で
例えば、
大学二年生レベル(初中級)で
単位取得できる15単位を
AP「5」を獲得していることで、
免除(換算/互換)されると
いうことになります。

 

なので、通常一年生と二年生で
勉強する15単位の勉強時間
(15単位というのは、平均
1年から2年かけて取得できる
単位数です。他の教科も
同時並行で取得していますが。
1セミスターで言語の場合、
多くの大学では、5単位取得が
可能なので、
1年が2セミスターシステムの場合
2セミスターで10単位、

15単位取るには

1年半かかるという計算に
なります。)
が他の科目に充てることが可能になり、
学費も別の科目に充てられるという
システムなんです。
また、AP「4」の場合、
大学一年生レベル(初級)10単位、
AP「3」の場合、
大学一年生レベル(初級)5単位
と換算/互換されることになります。

 

ひらめき電球大学によって認められない
科目もあるようなので、
よく調べてくださいねビックリマーク

 

 

そして、日本語だけではなくて、
これだけの教科にAPシステムが
採用されているので…

 

ざっとこの表を見るだけでも、

 

化学、環境科学、

コンピューターサイエンスA、
スペイン語・文化、
英文学・作文、
米政治経済、米歴史、
ドイツ語・文化、
心理学、美術史、
物理①(代数を基礎にした)、
日本語・文化、
中国語・文化、
コンピューターサイエンスの原則、
生物、音楽史、
微分積分AB、微分積分BC、
英言語・作文、
比較政治経済、
世界史、人文地理学、
微視的(ミクロ)経済学、
物理 C: 力学、
フランス語・文化、
スペイン文学・文化
イタリア語・作文、
統計学、ラテン語
ヨーロッパ史
物理 C: (電気と磁気)

 

という幅広い教科があります。
すごいですよねぇ〜ショック!あせる

 

沢山、高校のうちにAPを
取得しておけば、
大学も3年生からスタートなんて
ことにもなるみたいです。

 

ただし、このAPクラスは
だいたい(個人の学力にもよりますが)
高校の二年生
(日本の高校1年生/アメリカの
高校は4年制なので中学3年生が
高校1年生になる)
からクラスを取ることが
可能になって、殆どの子供たちは
高校の3年生からクラスを取って
(1年間勉強して)学年度末の
5月に試験 本 を受けて
五段階評価で結果が出るという
流れになります。

 

なので、息子の場合中学2年生
(8年生/高校入学前)で
APテストを受けたいと
学校に話した時には驚くえっ
くらい反対を、まずされたんです。
その時の、学校への対応なども
次回お話します。

 

そして、一概にこのシステムが
素晴らしいとは言い切れず、
良し悪しもあると私は思っています。
そのことについても、
また長くなるのでオイオイ
お話していきますね。

 

まだまだ親としても、
勉強しなければいけない、
知識として増やして
いかなければいけない
情報だらけで、息子の
高校の1年目がスタートして、
あと数週間で1年生が
終了する中でわかってきた
情報です。
タイミングよく、お役に立てたら
幸いです。

 

また引き続き、
アメリカで生まれ育ったわけでは
ない母が、変わりゆく時代に
なんとか息切れしながらも(笑)
息子と一緒に情報収集しながら、
楽しく自分らしく将来に進めるように
奮闘していきたいと思いますっえっDASH!

 

次回は AP Japanese について、
もう少し詳しくお話しますね。

 

今日もブログに遊びに来てくださって、
本当にありがとうございましたっドキドキ


この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© しゃべってなんぼの英会話  , 2017 All Rights Reserved.