〜 今を楽しんじゃぉ♪ 〜

英会話リスニング習得方法♡やり直し〜(なぜなら!めっちゃ生徒さんに(。>0<。)怒られたぁ〜!)

2018/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

こんにちは!! ゆみきちです。

遊びに来てくださって嬉しいですラブラブ

ありがとうございます!!

 

 

 

先日のブログでご紹介した

下矢印下矢印下矢印

とっておき♡英会話リスニング習得方法♫

 

 

あれは、難しすぎるでしょぉ〜!!

なに考えてんのっ!?えーしょんぼり

ネイティブ喧嘩してたら、

何言ってんのかなんて、

まず聞き取れないのが普通でしょっ!!

めっちゃ長いしっアセアセ

 

 

 

って、生徒さん2名から

めっちゃブーイング入りました。

(_ _。)しょぼーんタラー

 

 

た、た、確かに…。

 

 

前の日に久々、純愛恋愛映画を観て
感動笑い泣きしまくっちゃって、

何にも考えずにブログにしちゃったことを

白状します。ボソッ

 

 

生徒さんには、私のときに使ってくれた、

We Bought a Zoo

上矢印

こちらは40代女性。

 

 

俺のときに使ってくれた、

I Am Sam

上矢印

これは、うちのダンナタラー

の方がぜんぜんわかりやすいでしょ。

あっち使えばいいのに。

とのご指摘。

 

 

 

でもね、でもね、

「生きた英語キラキラ

って、あんな風に

感情的な場面に居合わせる日が

来るかもしれないし、

(必死のフォロー)

 

 

 

机の上での勉強じゃなくて、

こうやって

「生きた英語キラキラ

の中で、映画の主人公に

なった気持ちで

English Speaking Environmentキラキラ

にいる自分を感じながら

想像しながら、いつも

英会話を勉強することを

意識して欲しかっただけなの〜〜〜笑い泣き

(マジのフォロー)

 

 

って伝えたかったの。滝汗

 

 

 

だから、そんなに怒らなくてもえーん

(逆ギレビックリマーク笑)

 

 

 

ゆみきち、いつもこんな感じです。

マンツーマンのレッスンは

本当にオーダーメイドなので、

 

「これは、難しすぎる」

「これを題材にして教えて」

「もっと新しい単語を教えて」

 

なんて、コミュニケーションをとりながら

レッスンが進んでいくので、

こんな風にたまに厳しい

フィードバック入ります。滝汗汗

でも、ほんとそんな正直な関わりが

実は、とってもありがたいです爆笑

 

 

 

たまにもっと優しくして〜えーとも思うけどね。

 

…って、言うてもうたーーーービックリマーク滝汗

走って逃げよーーーー!!笑笑

 

 

 

はいはいはいはい、わかりましたよ、

(「はい」は、1回!!

もっとコーチあきせんせい先生らしく私が成長しなきゃ

なんですよ。わかってますって〜

がんばりますって〜

先生には一生なれないと思うけどね〜アセアセ

 

 

ってことで、やり直しさせて〜〜〜お願い

 

 

 カチンコ We Bought a Zoo カチンコ

のこのシーンで

リスニング〜〜〜グッチュー耳音譜

いってみよっハート

 

 

 

あ、ちょっと待ってパー

心がける、ステップは前回にもお伝えした、

下矢印下矢印下矢印

1 字幕を見ないで、どれだけ聞き取れたか

どんな感じの会話かを自分なりに理解してみる。

2 もう一回字幕を見ないで、紙に聞き取れた

単語を書き出してみる。

スペル無視。カタカナで書いちゃって良し。

3 字幕を負いながら聞いてみる。

4 自分が納得するまで、

なんどもなんどもビックリマーク聞いてみる。

5 気に入ったフレーズをいくつか

言えるようになるまでビックリマーク練習する。

 

 

ひらめき電球でも、この動画は字幕がないので、

下にセリフを書き出したので、

それを見ながらやってみてくださいね。

 

 

 

Benjamin Mee: What happened with you and Lily?

(リリィとなんかあったのか?)

 

Dylan Mee: I don’t know. 

I guess I didn’t listen to something

she told me or something? 

I mean, I liked her. 

It’s like you embarrass yourself if 

you say something, 

and you embarrass yourself if you don’t.

(わからない。

リリィが言ったなにかを聞いてなかったか、

なんかそんな感じ?

でも俺さ、彼女が好きだよ。

なんか…、何か言えば恥ずかしい

思いをするし、

言わなきゃ言わないで

恥ずかしい思いをするんだよ。)

 

[Benjamin chuckles. Dylan smiles as well]

(ベンジャミンがクスっと笑う。ディランも笑う。)

 

Benjamin Mee: You know, sometimes all you need is 

20 seconds of insane courage. 

Just, literally, 20 seconds of

just embarrassing bravery. 

And I promise you, something great 

will come of it.

(わかるかな、たまに必要な全てってさ

20秒の頭がおかしくなるほどの勇気、

ほんとに文字通りの20秒の

恥ずかしい思いをする勇気なんだよ。

そして約束するよ、それができたら

すごいことが起きるんだ。)

 

[Dylan looks thoughtful, 

but doesn’t say anything for a while]

(ディランは何か気づいて考えたような顔で、

でもしばらく何も言わなかった)

 

 

 

うっきゃぁあああ〜、このシーンは

何回見ても泣ける〜〜〜笑い泣き

感動するね〜〜〜笑い泣き

 

 

 

そして、リスニング耳音譜の練習だけど、

この気に入ったフレーズを

「発音に注意してデレデレ上差し

それっぽくネイティブのように

言えるように練習してくださいね。

 

 

あっでも、まずは!!

ゆっくりハッキリキラキラ話すことを

心がけてくださいね。

 

 

自分で言えるようになった文章は

聞き取れる耳ビックリマークようになるので

これまた嬉しい

マジカルタイム〜〜〜キラキラ

爆  笑爆  笑爆  笑

 

 

 

今日も、ゆみきちブログに遊びに来てくださって、
ありがとうございましたーっ ドキドキラブドキドキ

 


この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© しゃべってなんぼの英会話  , 2018 All Rights Reserved.