〜 今を楽しんじゃぉ♪ 〜

アメリカへの移住が決定!! まず何から始めたら…?! ② (2/3)

2018/02/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

こんにちは!! ゆみきちです。

遊びに来てくださって嬉しいですラブラブ

ありがとうございます!!

 

 

 

今日は、

「アメリカへの移住が決定!!

まず何から始めたら…!?

シリーズの第②弾で〜す!!

 

 

 

質問!!パー

日本から持って行った方が

いいモノは何ですか??

 

とは言ってもビックリマーク

私たち家族が移住した

20年前とはまったく違う状況で、

今やネットPC

殆どのモノは注文/配達

してもらえるし、

気楽音譜に考えておいても

大丈夫だと思います。

ただ、お値段は2〜3倍はしちゃうのが

たまにキズですねあせる

 

 

 

1 日本の食材

乾物、だし、ちらし寿司の素、抹茶、

お気に入りのドレッシング、ふりかけ、

ちょっとしたアクセントに

使えるフリーズドライのゆずや、ミツバ、

空港で出発当日に買う「明太子」などなどビックリマーク

 

 

2 アメリカでも内陸部だと、

海の幸が、より手に入りにくくなるので、

乾海藻、魚のスナック、

たらこ/明太子のスパゲッティソース

しじみ/あさり/もずくなどのスープ

使えます。グッ爆  笑

 

 

3 アメリカは基本ゼラチンを

使うのが主流なので、

最近アガーも買えますが、

粉寒天がほしいなという時があります。

棒寒天はアジア系の食材店で

見かけることがあります。

 

 

4 台所用品

包丁、菜箸、

たまご焼き器、おろし器、

ゆで卵がツルンって剥ける穴あけ器

などなど

ひらめき電球こちらの包丁は切れないことで

知られていますね。

 

 

5 ホームベーカリー

パンが好きな方なら、なおさらビックリマーク

アメリカのパンは

薄切りでふわふわしていないので、

日本の厚切りトーストのような

パンがありません。

日本のベーカリーで買えるようなパンも

韓国系マーケットで買うものが

一番近いと思いますが、

やっぱり違うし、往復1〜2時間

なんてこともザラなので、

自分で作り始めます。笑

 

 

6 変圧器!!

炊飯器など日本から持ってきた

家電は変圧器がないと使えません。

少しの間使えたとしても

壊れますあせる

変圧器なしで使える家電にするか、

念のため変圧器は5〜6コ

あってもいいかと思います。

 

 

7 100均で用意できるもの音譜

和を演出できるテーブルウェアや食器

和を感じられるランチョンマット、

箸、箸置き、湯呑、急須、

和柄のコースターなど

こちらでも買えますが、

どれも同じようなモノでイマイチ

おしゃれじゃなかったりするのに

高ーーーいっ!!

メラミンのスポンジ

アメリカにもありますが高いのと、

荷物詰めの時にクッション代わりになる。

  

 

 

8 文房具

子供さんが小さい場合、

鉛筆鉛筆と消しゴム消しゴム

使っている場合は、

アメリカの消しゴムは砂消しがちょっと

柔らかくなったような物ばかりで、

消えないことで知られています。

ボールペンは太めで、細かい

日本の文字を書くには使いにくい。

使い慣れてるものを予備として

持ってくるといいです。

ひらめき電球アメリカ人の友達が息子の消しゴム

をやたら気に入っていたので、

お土産で配ったら、ものすごく

感謝されました。笑

 

 

9 蚊の薬

アメリカも住む場所によって、

殆ど「蚊 蚊取り線香 蚊」を見たことがない

という地域もあるようですが、

日本のキンカンなどあると、便利です。

虫除けスプレーもアメリカのものは

匂いがきつい物が多いです。

 

 

10 湿布とサロンパス

アメリカは「氷で冷やす」という

のが当たり前で、湿布がないので、

湿布欲しいな〜と、よく思います。

車社会で、運動不足になって、

肩こり、腰痛などにも

なりやすいので、

サロンパスも欲しいな〜と

思うこと多いです。(笑)

 

 

11 『地球の歩き方』など

日本語のガイドブックは本当に便利です。

せっかくなので、アメリカを旅行して回ろう!!

となった時に、とにかくよくリサーチ

されていて、情報量が多いです。

物の測り方や単位、電車やバスの乗り方、

文化や風土などに至るまで事細かに

書いてあるので、本当におススメです。

 

 

12 アメリカで配る、日本日本土産。

アメリカでは基本、

お土産を配る習慣は日本ほどありません。

でも、日本からのお土産があると

会話のきっかけができて、

話も弾み、いろいろな人との交流関係を

スタートさせる時に役立ちます。

こちらの記事下矢印

すごく参考になると思いますビックリマーク

必ず喜ぶ!外国人に渡したいお土産50選

 

 

13 化粧品など

化粧品なども、肌に合っているもの、

気に入っているものは持っていきましょう。

Amazonの日本語サイトで

海外配達してくれるものもありますから、

私は、最低限でいいと思っています。

 

 

14 結婚証明書。

Social Securityの申請に必要。

パスポートが期限切れになると、

戸籍謄本(抄本)を日本から

取り寄せなければ

ならなくなるので、

戸籍謄本(抄本)を何部か

もっていてもいいかなと思います。

あでもビックリマーク今ダンナに

確か6ヶ月以内に発行されたモノ

しか使えなかったんじゃないかな?

と言われたので、

持ってこないで、とにかく

パスポート期限切れに

しないのが一番ですねデレデレ

うちは何度かやっちゃいました汗

帰国直前に気づいて、

戸籍謄本を取り寄せるのは、

ほんと、めんどくさい。ガーン

 

 

15 日本の本、雑誌や漫画

最初のうちは、ちょっと
ホームシックしょぼんなどにもなりやすいので、

すぐ手に届くところにある、

日本語に触れると落ち着きます。

 

 

参考になれば幸いです〜音符

次回は、アメリカ America" 現地入りしてから

わかったことビックリマークニコニコショック!ガーンラブラブ!えっしょぼんむっ

について書いてみますね~♫

 


この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© しゃべってなんぼの英会話  , 2017 All Rights Reserved.