〜 今を楽しんじゃぉ♪ 〜

英会話? あなたすでに話せますよ♡ ①(1/3)

2018/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

こんにちは!! ゆみきちです。

遊びに来てくださって嬉しいですラブラブ

ありがとうございます!!

 

 

やっと、ずいぶん前にみなさんに少し

お話していた、私の中での

ビッグプロジェクトが

カタチキラキラになりました。

 

 

そんなわけで、ちょっと忙しかった

ゆみきちですが、

やっとみなさんにお伝えすることが

できるので、嬉しくて、

かなり興奮しています。酔っ払い 笑

順を追ってお話していくのでsss

しばらくお付き合いください。

唐突ですが!! 私、日本が大好きハートです。

海外で生活するようになって、

もっともっと好きになりました。ラブほっ

 

 

ストレートすぎずに、

相手を思いやりながら話す

言葉の選択。

全てが美味しく、美しい食文化。

四季折々の行事。

郷土料理の素晴らしさ。

きちんとルールを守る人間性。

オシャレな服装。

学校で掃除を生徒がするところ。

物を大事にするところ。

「煮る」「焼く」「蒸す」「炒める」「揚げる」

基本の調理法を使って、毎日

当たり前のように自炊するところ。

などなど … 。

挙げていけばキリがないのだケド。

 

 

 

ただ!!

「出る杭釘打たれるでかハンマー

という日本の風潮くぎ、文化!?

 

 

人と違ってはいけない

みんなと同じイイ子が1番キラキラ

それ常識キラキラ

 

という暗黙の了解にまでなっている

感じが本当に昔から苦手で 滝汗

 

やっぱり全ての事に、

pros & cons (良し悪し/賛否両論)

があるとは思うんですけど、

「悪し」の方が大きな割合を

占めちゃってるんじゃないかな〜と

感じるこの日本文化、

そして自分の頭で考えないで、

「人に言われたことをやれば安全」

という風潮が

「想像力に乏しい国民性ガーン

を作り上げることに

大きく繋がっていることに

注意注意注意危機感注意注意注意

をもたないといけないと、

私はずっと学生時代から感じてきました。

 

これが、

実は英語ができない日本人タラー

と、ものすごーく結びついている気がします。

英会話ができるようになるには、

ものすごく「想像力想像を使うので、

「妄想癖ラヴの強い人の方が

上達するのが早いな〜〜〜って思うのです。笑

だから安心してください。

殆どの人は、「妄想癖ラヴ

めちゃめちゃ強いです。笑

あとはコツを掴むだけです。

 

 

上でお話したように、

人と違ってはいけない ガーン

と教え込まれた文化の中では、

人と違うことを考えないように

無意識にするということが

刷り込まれてしまってると思うんです。

 

いわゆる

「普通=みんなと一緒音譜

 

ってことが。

 

私は、そういう

「みんなと一緒ともだち=イイ子キラキラ

 

になれなかった人種です。爆  笑

 

 

そんな中で、私が思うのは

「みんなと一緒ともだち=イイ子キラキラ

 

をちゃんと守ってきた人たちは、

 

 

自分自身の

「想像力想像(妄想癖ラヴ)」

を何に使うかと言ったら、

与えられた情報やマニュアルに対して

ケチをつけたり、ジャッジしたり、

それを使って更には、

自分の方がもっとすごいアピール筋肉

をすることに繋がって

いってるんじゃないかな〜って

よく思うんです。

 

 

たとえば、日本の

「不倫問題 ハートブレイク」←しつこいはてなマークにひひ

相当怒ってるドンッからね〜〜〜私!!

 

 

小室さん、頑張って〜〜〜っ!!チアリーダー

 

 

そういう面白ゲラゲラおかしい、

話題にしやすい情報を

いち早く聞きつけて耳ビックリマーク

倫理的におかしい、人として間違ってる

ってことを永遠討論したり、

証明したりすることに

時間を惜しみなく

使うわけなんです。

でも、それもぜーーーんぶ

人が提供した

操作されてるかもしれない情報で。

ブログ内でも、そういうやりとりを

いっぱい見てゲンナリチーンする時があります。

例えば、誰かがすごく良い情報を

提供しているのに、

ただ一方的に質問を投げかけて

親切に答えてもらってるのに、

お礼も言わない人ゲロー

 

 

それだけなら全然許せるんですけど、

もっともっと質問して、追い詰めたりして、

情報提供者がたいしたことない人

っていうことにまで

仕立て上げてたりしていて、

もっと酷いのは、仕立て上げたあげく

自分の方がもっとすごいアピール筋肉キラキラ

じゃぁ、お前がその情報を

提供しろや!!!

って横レス入れたくなっちゃいます。

 

 

 

そういうコミュニケーションが

日本人の間って

本当に多いなぁ〜って思うんですゲロー

お互いの足の引っ張り合いをするより

これだけ世界中と繋げてもらってるSNSの中で、

有益な情報や楽しい出来事を、

共有しあったりラブ

熱く語り合ったりニヤ

失敗を笑いあったりゲラゲラ

励ましあったりってほっこり

関係を作れたら、どんなにいいだろう…って。

 

 

前置きが、

ものすごーーーくあせるあせるあせる

長くなっちゃいましたが!

 

 

 

英会話を教えている中で、

私が大切にしている

モットーキラキラキラキラキラキラ

はなにかというと…。

 

「間違いを、いちいち指摘しないOK

ということなんです。

イイ子やめましょデレデレ上差し

 

なぜならね、

 

みーんな英語、話せるんですキラキラ

 

 

日本文化の中で散々刷り込まれてきた、

自分をジャッジすることさえ

あなたがStopすることビックリマーク

ができればウインク上差し

 

 

もう一回、声を大にして言います。

エイドリア〜〜〜〜ンキラキラ

 

あなたは、英会話すでに、出来ます!!

もぅあなたが、英語を話せると

言い切れる理由を次回のブログでビックリマーク

お話しますねsss

 

 

 

 

 

 


この記事を書いている人 - WRITER -
yumikichi
末吉 有美 (すえよし ゆみ)と申します。はじめまして!!あだなは、「ゆみきち」です。私のページ、そしてプロフィールに興味を もって頂き、ありがとうございます。 高校3年生から大学4年の計5年間アメリカ留学を経て、 日本へ帰国後、OL生活をしながら英語や外国人の方々に携わる仕事で学生さんや、外国人の方々が別の国や日本で夢を叶えるためのお手伝いを、 英会話学校、日本語学校、予備校、社会人教室などで営業、アドバイザー、カウンセラー、講師をしながら働いてきましたが、今度は自分の夢を叶えるべく、アメリカンドリームを求め、アメリカに1998年に移住しました。 かっこよくアメリカンドリームといっても、アメリカの古き良き時代を感じられるアメリカの田舎の大自然の中で、自分らしい暮らしがしたくて、全て自己責任で自由にのびのび暮らせるお国柄の中で自分に何ができるのか実体験してみたくて戻ってきたという感じです。 そんな中で、いくつかの仕事に就きましたが、一番興味深く面白かったのは、「食」に携わる仕事に縁があり、「枝豆」をパッケージングしてヘルスストアに卸すという仕事で、全てマーケティングを任せてもらえたことで、日本の健康食品がアメリカのこの田舎でどれくらい受け入れてもらえるか試したくなり、乾燥食材や日本食材をヘルスフード店へ営業し、商品開発にも取り組み、アメリカの食卓に加えてもらおうという活動をしてきました。 そして、夫と二人念願の「日本食レストラン」を2009年にオープンし、夢の古き良き時代のアメリカが残る田舎町で5年間、楽しく一人息子の 子育てと両立しながらやってきましたが、 2013年9月に1,000年に一度といわれる大雨で洪水の被害に遭い、街全体が壊滅状態で人口2,000人の住民が数ヶ月、避難させられ、レストランの再開も諦めざるを得ないという運びになりました。そんな自暴自棄になった日から、5年が過ぎました。予期せず、たった1日で築き上げたビジネス全てを失うという絶望的な体験をしましたが、今現在は、高校1年生の息子が大学へ進学するまで(アメリカは18歳が自立の年でだいたい実家から巣立っていくので)の時間を家族で一緒に過ごし、家族一人ひとりの幸せな将来を考えることを更に大切にしていこうと思っています。 アメリカ生まれ/育ちの息子はトリリンガル!英語と日本語とスペイン語を自由に操り、サッカー大好きな元気いっぱいのティーンです。 夫と息子と愛犬サニーと4人で自由気ままに、大好きなアメリカ生活、大好きなモノに囲まれて、毎日の生活を思いっきりENJOY♪していますっ!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© しゃべってなんぼの英会話  , 2018 All Rights Reserved.